FX MT4プログラムの利用

 
インディケータプログラムの利用
FXの自動売買でよく使われているMT4システム用にはフリーの色々な売買シグナルをチャートに表示する指標プログラムが公開されています。
古くから株売買などに使われていた新値3本足ですが、簡単に言うと終値が前3本のチャート足を上下いずれかに抜いたときに次の足を書き加えるチャート足になります。
新値3本足を使おうと思いMT4用をwebで検索すると
(a) MTF_Shin_ne_Ashi.ex4
(b) 00-ShinNeAshi.mq4
が見つかりました。
(a)は拡張子がex4なので実行プログラム、(b)はmq4なのでソースプログラムで中身が解読できます。
00-ShinNeAshi.mq4の作者様感謝します。
プログラムは与えられた時間軸での足データと異なる足データを記録するので少し複雑です。
これらを表示すると下図のようになりました。
上段は(a)をドル円の1時間足チャートに適用したもの。
中断は(b)の表示です。
新値3本足


ここで分かったのが新値足の上下(売買転換になる)転換位置が両者で異なることです。
そこで私は図の下段のように(b)のプログラムを変更したものを使っています((c)SinNeAsiCng)。
その方が新値足の定義に近いと考えたからです。
また転換点が見やすくなる表示も(c)には追加されています。
このシグナルをEAで使った成績はまたご報告しようと思います。
ただ、どういう訳か(恐らくシグナルの計算法が特殊なためか?)この指標を使ったEA(MT4の売買プログラム)のストラテジーテスターはノーエントリとなるので、実際の使用成績を集めるしかありません。
(c)SinNeAsiCngやEAプログラム作成のお問い合わせはドーンインフォにご連絡下さい。

FX投資には銀座で学ぶ、少額投資術セミナー
のような有料セミナーも開かれています。

一方、株式投資では機械的な指標での売買は適さないように思いますが、日経225などのインデックス投資では色々な指標が使われているようです。
株式の個別銘柄では銘柄ごとの基礎的な分析が重要になります。
資産運用


(D)SNeAsiCng3の作成
 MT4でのトラテジーテスターでのバックテストでも有効に使えるMT4用の新値3本足のシグナルインディケータソフトが作成されました。SNeAsiCng3と呼んでいます。お問い合わせはドーンインフォにご連絡下さい。
2000円で販売されています。
下図のドル円チャートの下部はこのSNeAsiCng3を使ったものです。

チャートの下の段に表示されている緑の尖った三角がトレンド変換位置、赤い折れ線が買い売り優勢のレベルを表示します。
黒い線は変化が分かりにくいですが変換点でのローソク足の終値を示しています。
カーソルを合わせると値が表示されます。

 

 

 
株,株式,株インデックス,225先物,FX,為替,投資,投機,システムトレード 指標,シグナル